catch-img

【いま知りたいデジタルキーワード2018-2019】 1:ライブコマース【Live Commerce】

ライブコマースとは、インターネット上で商品の説明を生中継しながら販売する「ライブ配信+eコマース」という形式での販売手法を指す。


似た販売手法にテレビショッピングがあるが、一般的なテレビショッピングでは配信者が一方向で情報を伝えるのに対し、ライブコマースでは配信者と視聴者が、コメントなどリアルタイムでコミュニケーションを取ったうえで商品を販売する点が異なる。


調査会社のマクロミルが公表した調査結果によると、15歳~20代でのライブコマース認知度は3割を超える。服やアクセサリーの購入が多い。利用する理由は「配信者が紹介する商品を買いたいから」がもっとも多く、「サイズ感や着心地などがリアルタイムで質問し確認できるから」より多い。

中国では既にライブコマースが普及しており、大手ショッピングサービスのタオバオでも淘宝直播を運営している。KOL(Key Opinion Leader)と呼ばれるインフルエンサー達が1回の配信で数億円を売り上げることもある。

国内でも2016年ごろから次々とライブコマース領域に参入している。プラットフォーム型で、個人が自撮りで配信するタイプが多い。

・ECからライブコマースに参入
メルカリチャンネル、BASEライブ、Yahoo!ショッピング LIVE、Rakuten LIVE

・動画(生配信)からライブコマースに参入
SHOPROOM、Live Shop!、MimiLIVEチャンネル、CHECK

・新規ビジネスとして参入
PinQul(東大発ベンチャー)、Laffy(DeNA)、me&stars(トランスコスモスグループ)、LIVE★X

・SaaSで提供、EC側で運用
TAGsAPI(ビックカメラ、[.st]、ナルミヤオンラインなどで導入)

主なライブコマース一覧(終了含む) ※2019年6月時点
サービス名
運営社
開始(終了)
SHOWROOM
2016年9月
Candee
2017年6月
メルカリ
2017年7月
(2019年7月終了)
BASE
2017年9月
PinQul
Flatt
2017年10月
(2018年9月終了)
Yahoo!Japan
2017年11月
エブリー、KDDI
2018年8月

Laffy

DeNA
2017年4月
(2018年3月終了)
MimiTV
2017年7月
ミーアンドスターズ
2018年1月
楽天
2019年5月

電通ダイレクトマーケティング、Candee

2019年5月
Moffly(モフリ)
2018年4月
紙デジ編集部

紙デジ編集部

「デジタル×紙×マーケティング」関連情報を掲載中

公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)では、デジタルメディア、印刷物など
多様なメディアを活用した取り組みをWebサイトで紹介しています。