Original

高級感や保存性をアップする「ラミネート加工」とは【印刷基本のき】

ラミネート加工とは、紙に印刷した後に透明なフィルムを両面または片面に貼る加工方法です。

あらかじめ接着剤が塗られたPP(ポリプロピレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)、ナイロンフィルムといった透明なフイルムを、110℃前後のローラーを使って印刷物に圧着します。

細かく分類すると、接着剤をあらかじめ塗ってあるフィルム(プレコート)を使う方法と、何も塗っていないフィルムを使って、あとからフィルムに接着剤を塗りながら貼り合わせる方法があります。プレコート方式は簡単にできるうえ、有機溶剤を扱わないという利点があり多く使われている方法です。

どんな効果があるのか?

印刷物の上から10~15μm(=0.01~0.015ミリメートル)程度の厚みがあるフィルムを貼っているので、他の加工方法では得られない強度や耐摩耗性(すりへるのを防ぐこと)を与えることができます。

これにより印刷物の劣化を防ぎ保存性を高めることができます。具体的には、印刷されたインキが退色(色があせること)原因となる湿度や紫外線をラミネートフィルムが遮断するほか、印刷された紙の表面を保護するため補強になり保存性が増します

またフィルムの光沢性により、高級感がプラスされるという効果もあります。

フィルムがほどあると、印刷物の見栄えが良くなるだけでなく、

ラミネート加工の例

書籍やパンフレット・カタログなどで、ツルツルした表紙のものがあります。これは「PP貼り」「PP加工」と呼ばれるラミネート加工の一種です。

PPとは、はじめに説明したポリプロピレンという素材のことです。

レストランのメニュー表や長期間使用するカードなどでは、厚みのあるフィルムで加工します。

ちなみに、イラストを描いたカードを加工したものを「ラミカ」と呼ぶことがあります。これはラミネートカードのことです。

ピカピカ、ツルツルしたものが多いですが、艶なしのマットな仕上がりのものもあります。フィルムの種類を変えることで、マットのほかエンボス、ホログラム、メタリックなどバラエティに富んだ仕上がりになります。

パウチとラミネートのちがいは?

パウチ加工、という名称でも呼ばれることがありますが、ラミネート加工とパウチは基本的には同じものです。

個人で手軽にラミネート加工できる機械の商品名がパウチという名前だったため、広くパウチという名称でも呼ばれています。

まとめ

印刷した紙に透明なフィルムをはる加工方法のことをラミネート加工と言い、高級感アップや保存性を目的に使われます。

簡単な加工であれば、ラミネーターと呼ばれる専用の機械が売っています。印刷会社に依頼するときにラミネート加工を一緒にお願いすることも可能です。

(2018/9/21更新)


紙デジ編集部

紙デジ編集部

「デジタル×紙×マーケティング」をテーマに page2019 開催!

2019年2月6日(水)から8日(金)の3日間、国内印刷業界最大級のイベントpage2019を開催します。
今回のテーマは「デジタル×紙×マーケティング」です!