catch-img

書体とフォントのちがい

文字に関連した用語として、書体、フォントということばがあります。「同じ意味なのか、違う意味なのか、2つの違いがよくわからない」という方も少なくないと思います。

そこで今回は、フォントと書体について、かんたんに紹介します。またWebフォントについても紹介します。

フォントとは

フォント(font)とは、もともと欧文活字の用語から来たことばで、「同じサイズ、同じ書体デザインの一揃いの活字」を指す言葉でした。かつて印刷は、活版印刷という方式で、1文字ずつ「活字」という金属製の字型を組み並べて使っていました。

この金属活字は、使用するサイズごとに用意する必要がありました。

現代では、活字がデジタルフォントに置き換わり、紙面への印刷やコンピューター画面への表示に使われています。そのためのデジタルデータ一式をフォントと呼ぶようになっています。デジタルフォントは自由にサイズ変更が可能なので、デザインだけの違いを指します。

PCやスマートフォンなどのデジタルデバイスには、あらかじめ複数種類のフォントが用意されています。Arial、TimesNewRoman、ヒラギノ角ゴ、メイリオ、リュウミンなどが有名です。

なお、Office製品のワープロソフト Wordでは、既定のフォントサイズは10.5ポイントになっていますが、これ活版印刷の本文用フォントが5号活字(10.5ポイント)だったなごりです。


活字イメージ

書体(しょたい)とは

書体とは、表示・印刷などに用いるために、統一的な理念に基づいて制作された文字および記号などのデザインのことです。タイプフェース(typeface)ともいいます。ある書体における文字の太さ、字幅、傾きなどのバリエーションの集合を書体ファミリーといいます。

欧文書体とは、その名のとおり欧文(アルファベット)で使われる書体です。グーテンベルクの活字からはじまって、その後、ローマ時代に作られたローマン体を活字に置き換えた書体を経て、現在にいたります。ローマン、イタリック、サンセリフなどの種類があります。

和文書体とは、日本語の文章で使われる書体の総称です。明朝体、ゴシック体、楷書体などがあり、明朝体のグループ内にリュウミン、ヒラギノ明朝など、たくさんの種類の製品があります。

上記の説明のように、フォントと書体は本来であれば異なるものです。

しかし今は文字のこと全般を表す慣用語としてフォントという言葉が使われています。さらに現在はフォント(の使用ライセンス数)を数える単位として書体という言葉が使われることもあります。

じゃあ「Webフォント」は?

似たような言葉として「Webフォント」があります。

これはWeb制作の用語で、「クラウド上にあるフォントをユーザー側のコンピューターやスマホなど(デバイス)が読み込んで表示する技術、または表示されたフォント」を指します。

一般にWebブラウザー上でWebページを閲覧する際に表示される文字は、その時に使用しているデバイスにあらかじめ保存されているフォントです。(ローカルフォント、またはデバイスフォントと呼ぶこともあります)

WindowsパソコンであればMSゴシックやメイリオが使用されます。

しかし、Webサイト制作側が意図したフォントで文字を表示させたい場合があります。Webフォントの技術を用いることでクラウド上にあるフォントを表示することできため、だれがどんなデバイスでWebサイトを表示しても指定したフォントを使うことできます。化粧品や自動車メーカーなどデザインやイメージを重視する企業では、印刷物に使用する書体を製品ごとに規定していることもあります。

Webフォントのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

(1)デザインの統一性を保てる(今までは画像にして貼り付け)

(2)画像化しないことで、多言語対応や音声読み上げに対応できる

(3)字種の豊富な最新フォントを使用できる。難しい人名などを外字に頼らないで表示できる

なお、文字セットを表示する技術なので「Webフォント」と呼びますが、「Web書体」という言い方はしません。

「デジタル×紙×マーケティング」関連情報を掲載中

公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)では、デジタルメディア、印刷物など
多様なメディアを活用した取り組みをWebサイトで紹介しています。